【自己破産に強い弁護士の選び方】専門性はどう見極めるのか?

自己破産が必要と分かっていても、相談先を探す段階でつまづきがちです。
「借金の経緯について叱られるのではないか」「弁護士・法律事務所選びのミスが原因で失敗したらどうしよう」という不安は、大小問わず誰もが抱いているのではないでしょうか。
破産手続きを安心して任せられる専門家を探したいと望まれるかたへ、知識&実績・ご自身との相性を含めた「弁護士の選び方」を解説します。

自己破産での弁護士の探し方・選び方のポイント


破産手続きの相談先を探す際の手段は、インターネットが主流です。
一方で、多くの人が注目する評判の数は、弁護士に関して非常に限られています。法律事務所サイトの主観的な案内だけで、ご自身の状況に合うかどうかを見極めなければなりません。

ネットを活用して弁護士を選ぶ際は、専門性の高い人物を見分けるための尺度を自分のなかに持つ必要があります。

債務整理の対応可能範囲を明確にしているか


最初にチェックすべきことは「借金問題(債務整理)の実績&対応範囲をきちんと案内しているかどうか」です。
専門外の弁護士であっても、画一的なルールに従えば自己破産を取り扱うことが可能です。ところが、破産を望む人の状況はケースごとにまったく異なります。裁判所に返済義務の免除を認めてもらうため特別対応を必要とする人もいれば、破産手続きそのものを考え直したほうがよい人もいます。

債務整理の対応範囲を明確にし、とりわけ自己破産においてどんなことが出来るのかをはっきりさせている弁護士であれば、こうした「1人1人の状況に合った対応」を柔軟に提案することが出来ます。

各地方裁判所の運用方法を知っているか


自己破産における裁判所側の運用ルールは、地域ごとの事情を鑑みて制定されています。「手元に残しておける現金額」「申立時の面談の有無」といった破産者の生活と密着する点を中心に、各地方裁判所で細かい運用ルール作りが行われているのです。
こうした地元に対する理解の深さが、破産手続きのスムーズさに差をつけます。

破産の実務を考慮すると、ネットで「安く全国対応できる」と謳う事務所を安易に選ぶことはおすすめできません。
取扱い実績の総数が多く信頼できそうに見えますが、地域ごとの破産事例については知識・経験ともに不足しがちであることが理由です。裁判所ごとのローカルルールに沿わない対応を取られ、存外に手間取ってしまうケースが散見されることも否めません。

弁護士選びの際は、安さや対応地域の広さではなく「自分の住む地域で破産手続き経験をどのくらい持っているのか」という点を重視しましょう。

積極的に自己破産に関する情報を発信しているか


弁護士対応の専門性は、さらに「自己破産のよくある疑問・不安点を解消してくれるような情報を積極的に発信しているか」という点をチェックすることで見極められます。

自己破産にはネガティブなイメージがつきものです。すぐに手続きを必要としていても、多くの人が相談前の段階でためらってしまうでしょう。頻繁に依頼者と接しているプロなら、専門知識をもたない一般の人の考えにもよく気付き、広く情報を届けようとします。

無料相談に対応しているか


ネット検索の段階で信頼できそうと感じた弁護士でも、実際に相談するまで「親身に対応してくれるかどうか」は分かりません。場合によっては、2カ所以上の法律事務所をあたる必要があります。
無料相談に対応できる法律事務所であれば、破産費用が発生する前に自分に合うかどうかを見極めることが出来ます。気になる相談先を見つけたら、相談から依頼までの間に費用が発生するかどうかを確認してみましょう。

事務所の成り立ち&情報を公開しているか


「自己破産=得意分野であること」「在籍弁護士の経歴&プロフィール」「相談対応地域」を明確にしているかどうかも、法律事務所選びでは重要です。
ひとくちに債務整理専門の弁護士といっても、過払い金や任意整理交渉に特化した人物・司法判断に通じた人物など、特色は様々です。そうしたイメージがサイト全体からつかめるかどうかも、相談先選びでは留意したい点です。

相談開始時にチェックしたいポイント


破産手続き中~終了後にかけて「依頼してよかった」と思えるかどうかは、実際に相談してみて初めて分かることです。相手の説明する内容や口調に注意して、ご自身との相性を確かめましょう。

話しやすく・自分の味方になってくれるか


相談の際は、最初に「話しやすい雰囲気かどうか」をチェックしましょう。事務所スタッフと弁護士が一丸となって雰囲気づくりをしている事務所は、特に信頼できます。
自己破産のポイントは、裁判所に説明したいこと・説明しておくべきことを漏らさず話せるかどうかです。「話しにくい事情だけどこの人なら打ち明けてもいい」と思える信頼関係は、手続きを成功に導くカギとなります。

デメリットもきちんと説明してくれるか


破産手続きでは「返済義務の免除を受けられる」というメリットが大きく捉えられがちです。
一方で「官報に氏名住所が掲載される」「一部の職業資格は制限をうける」という点も見逃せません。依頼する人のライフスタイルによっては、意外なところで強い制約を受けることもあります。
信頼できる弁護士は、自己破産につきもののデメリット・個別のケースで考えられるリスクをきちんと説明してくれます。

自己破産に伴う生活上の悩み相談にも乗ってくれるか


破産手続きを検討する人の生活には、借金そのもの以外の問題も起こっています。
「就業できないでの生活保護を受けたい」「離婚問題で悩んでいる」といった事情まで考慮しなければ、最適な解決方法を提案することは出来ません。
単に破産手続きを成功させることばかりでなく、借金問題の周辺にある悩みにも対応しようとしてくれるかどうかを見極めましょう。

自己破産は弁護士選びが大切


弁護士選びは、自己破産を成功させるための最重要プロセスです。
ネットを使って法律事務所を探す段階では、専門性・その事務所の特色相談費用に関する情報がしっかり公開されているかどうかを見極めましょう。
実際に相談する段階でも、話しやすさと傾聴の姿勢を感じ取れるかどうかが依頼のポイントとなります。

  • 債務整理(特に自己破産)の対応範囲をきちんと説明しているか
  • 公式サイト・弁護士ブログ等で、自己破産情報を積極的に発信しているか
  • 無料相談に対応しているか
  • 法律事務所の沿革・得意分野・在籍弁護士について紹介しているか
  • 実際に相談してみたとき、話しやすい雰囲気か
  • デメリットもきちんと説明してくれるか
  • 自己破産に伴う生活上の悩みにも親身になってくれるか

当法律事務所では無料相談をご用意し、依頼前のご不安をできる限り解消することに努めています。「そもそも破産すべきなのか」というご相談でも構いません。まずは今思っていること・ご状況をお聞かせください。